行なえる治療

目立たない歯科矯正の方法とは

近年では、歯科医院で歯科矯正の相談をされる患者さんが増えているといわれています。これは、きれいな歯並びへの関心が随分高まってきたと考えられます。しかしながら、歯科矯正治療というと、どうしても装置の見た目がよくないというイメージを持たれる方が多いです。 このような悩みを解消するためには、最近では目立たない歯科矯正装置が増えています。代表的なものが、主に裏側矯正とマウスピース矯正です。まず裏側矯正は、通常は歯の表側につけるワイヤー装置を、歯の裏側につけて治療します。 一方、マウスピース矯正は、プラスチック製の透明なマウスピースを順番に交換していくことで歯並びを動かします。透明なので、それほど目立たずに治療ができます。

歯並びを矯正する時の歯科医の選び方

歯科矯正をするには、きちんとした歯科医選びが重要です。きちんとした治療を受けられない歯科医だと、治療にお金と時間がかかってしまう恐れもあるからです。 良い治療が受けられる歯科医のポイントは、まずきちんと検査を行ってくれるところです。通常、歯科矯正では、施術前に口の中、横顔や顔全体の写真撮影をしたり、頭部X線規格写真、パノラマX線写真なども撮ります。また、口の型、上下のかみ合わせの型をとるなどの検査を行います。このように口の状態や骨格の状態を詳しく調べることで、確実に矯正ができるからです。 しかし、これらの検査はお金がかかるので、ちゃんとやらない場合もあります。そのようなところは、避けたほうが良いです。